近代日本の青年・学生の心理歴史的研究―ノート その3

8.復興から経済成長へ (1)毛沢東主義的な山村工作隊の失敗  東西の冷戦において、1950年6月25日に局地戦・朝鮮戦争が勃発した。国内ではレッドパージが強まり、これに対して日本共産党は地下活動の部分で武装闘争(山村工作隊など)を進めた。だが、それはほとんど農山村の青年団に影響を及ぼさなかった。  山村工作隊は、…

続きを読むread more