日本の青年・学生の心理歴史的研究―ノート その7

16.「特需」への問題意識と戦争責任の追及  朝鮮戦争の「朝鮮特需」、そして、ベトナム戦争の「ベトナム特需」について、多少は戦争の現実を知り、自国の高度経済成長を考えるならば、他国での巨大な流血で自分たちが豊かになったことを反省せざるを得ない。これは、それ以前の世界大戦についても及ぶ。  しかし、青年であれば、自分たちは戦争を起…

続きを読むread more