日本の青年・学生の心理歴史的研究―ノート その10

28.「世界革命」における東大闘争 (1)利用された思春期の素直さ、一途さ  文革期、中国共産党は「造反有理」、「革命無罪」と「革命」を大義に掲げ、それを「世界革命」として展開した。これにより、革命のためには手段を選ばないイデオロギーや風潮が国際的に広がった。  その中で日本は多大な影響を受けた。新左翼・全共闘は直接的で、…

続きを読むread more