日本の青年・学生の心理歴史的研究―ノート その14

32.学生運動の「天王山」、安田講堂「攻防戦」と神田カルチエラタン闘争   ―「造反有理」、「革命無罪」と組織的に繰り返された殺人未遂―  学生運動の「天王山」と称される安田講堂「攻防戦」では、大学当局から要請を受けた警視庁機動隊が新左翼・全共闘の活動家を制圧し、バリケード封鎖を解除した。謂わば学生運動の「本丸」が「落城」し、こ…

続きを読むread more