日本の青年・学生の心理歴史的研究―ノート その15

34.学生より年長の「大学解体」論への問 (1)院生  院生は大学を卒業しもなお大学に残っており、「大学解体」は学生よりも一層鋭く問われる。人文社会系では多くが大学の教員を(却って民間企業の就職は極めて困難)、理・医系では大学の他に研究機関を目指すが、いずれにせよ「官産学協同」で大学は全否定できない。  これまでの調査研究…

続きを読むread more