日本の青年・学生の心理歴史的研究―ノート その24

44.「マイ・バック・ページ」   ―ジャーナリストのゲバルトへの協力、反省の加味されたノスタルジックなシンパシー―  川本三郎は「もっとも濃厚に『都市の感受性』を背負った作家」として、村上春樹の方が村上龍よりも「より強く背後に『都市の感受性』を持っている」と評した(「『都市』の中の作家たち―村上春樹と村上龍をめぐって―」。初出は『…

続きを読むread more