日本の青年・学生の心理歴史的研究―ノート その27

47.党派を超えたオーラル・ヒストリーと「これからの社会を考える懇談会」   ―「何しろ人間だよ」―川上の「個人」としての「総括」  2006年9月23日に吉田は「みんな年を経ていい人になったんだね。若い頃はイヤなヤツだったんだ、きっと、みんなね」と語った。  その前年の8月、川上が代表となっている同時代社は、森川友義が編集した『…

続きを読むread more