吉野孝公『騰越玉砕記』を読む:『慰安婦と兵士の愛と死』のさらなる増補改訂に向けて―補記

1.  丸山は「この戦記の反響をかれはつゆだに計算しないが、玉砕という二字の内側で人間が最高に人間であった記録として、読者の胸に深く感動の釘を打ちこむことは必定である。しかし、そういう意味づけをおしつけないところに吉野戦記の真骨頂がある」と結ぶ(p.3)。 2.  吉野は脱出の中で地元の「老人」や「老婆と若い女」に二度も助けられた…

続きを読むread more

吉野孝公『騰越玉砕記』を読む:『慰安婦と兵士の愛と死』のさらなる増補改訂に向けて

1.  吉野孝公『騰越玉砕記』は品野実氏が紹介してくれた。貴重な文献なので借りず、私は大急ぎで目を通し、重要と思ったことをメモした。  ところが、そのメモの所在が分からなくなった。  『アイデンティティと戦争』の出版は助成金の関係で期限が迫り、参考文献として挙げるだけしかできなかった。しかも、その後、様々に忙殺され、『騰越玉砕記』…

続きを読むread more

講義のために0711

1.  アイデンティティの形成・再形成……  習得した“力”は、次に使わねばならない。そこにおいて新たなチャレンジが出てきて、新たなクライシスに直面する。  変化が加速する時代において、これは尚更である。 2.同一性と自己変革 2-1.  エリクソンと同時代のロバート・リフトンは「プロテウス的人間」を提起…

続きを読むread more

南隆「元警察庁幹部が見た『天安門事件の夜』」を笠原直樹「防衛駐在官メモ」と組み合わせて読む

1. 南隆「元警察庁幹部が見た『天安門事件の夜』」が『文藝春秋』2021年8月号に掲載されている。  当時の状況は前掲「防衛駐在官メモ」(「時事通信」2019/5/29(水) 7:07配信)と重なり合う。両者を組み合わせると、より深い認識が得られる。  そして、南は以下のように分析を進める。 「天安門事件に酷似する香港鎮圧」 …

続きを読むread more

叢書「生涯学習」(雄松堂)に向けての歩み(ノート)5

9月5日  学会の大会に向けた理論研究部会に出席した。  現代(当時として)の学習内容がテーマになっていたが、学習内容の「系統化」、「組織化」に関する発言が多く、山田は「それは内容ではなく、方法ではないか」と問いかけた。  そして、systemからnetworkingへという状況に応じたlearning webはnonformal…

続きを読むread more

叢書「生涯学習」(雄松堂)に向けての歩み(ノート)4

 1986年1月8日、9日の二日かけて、社全協の部屋で「生涯教育と社会教育」をテーマに座談会が開かれ、参加した。その一部が「座談会:国民の生涯学ぶ権利をどう保障するか」『月刊社会教育』1986/昭和61年3月号に掲載された。  主席者の小川利夫、長沢成次は明確に社全協の立場であり、伊藤長和は所属していた政令指定都市研究会の立場からと聞…

続きを読むread more

『慰安婦と兵士の愛と死』の補記

 綏芬河第二国境守備隊(第二二九部隊)の陸軍病院を中心とした戦友会誌『綏陽』では、表通りに「慰安所」、裏通りに「満人遊郭」、「鮮人娘売春窟」など位置関係を示す「略図」がある。これに関して『慰安婦と兵士の愛と死』の補記として添付する。『慰安婦と兵士の愛と死』の補記.pdf  これを記録した関係者の方々から貴重な証言をいただいた。『慰…

続きを読むread more

叢書「生涯学習」(雄松堂)に向けての歩み(ノート)3

1986年10月3日  ジェンダーについて「人類史」を見渡して考えることに触発されて、教育史を専攻する院生たちと話しあった。  教育が制度化される前、文化の伝播として、神話や伝説の口承があり、それが古代ギリシャ・ローマでは儀式と娯楽に組み合わされて演劇が生まれた。その後、教会の建築が発展すると、聖画やステンドグラスによる聖書の説明も…

続きを読むread more