講義のために0711

1.  アイデンティティの形成・再形成……  習得した“力”は、次に使わねばならない。そこにおいて新たなチャレンジが出てきて、新たなクライシスに直面する。  変化が加速する時代において、これは尚更である。 2.同一性と自己変革 2-1.  エリクソンと同時代のロバート・リフトンは「プロテウス的人間」を提起…

続きを読むread more