吉野孝公『騰越玉砕記』を読む:『慰安婦と兵士の愛と死』のさらなる増補改訂に向けて

1.  吉野孝公『騰越玉砕記』は品野実氏が紹介してくれた。貴重な文献なので借りず、私は大急ぎで目を通し、重要と思ったことをメモした。  ところが、そのメモの所在が分からなくなった。  『アイデンティティと戦争』の出版は助成金の関係で期限が迫り、参考文献として挙げるだけしかできなかった。しかも、その後、様々に忙殺され、『騰越玉砕記』…

続きを読むread more