テーマ:労働の人間化

社会教育の経営・生涯学習の支援のために(ノート)改稿12

12.QCサークル ①QCサークルの展開と評価  QC(quality control)=品質管理は米国で始められたが、日本で発展し、高度経済成長を持続させる生産性向上において重要な役割を果たした。それは単なる管理(コントロール)に止まらず、自主的な共同学習として実践された。朝香鐵一たちは、この過程を産業経済の動向に即して次…

続きを読むread more

社会教育の経営・生涯学習の支援のために(ノート)17

17.QCサークルのさらなる発展   ―自律的作業集団と共同学習による「労働の人間化」のために―  高度経済成長をもたらした日本的経営の評価においては、製品の高度な品質を維持しつつ労働生産性を向上させた自律的作業集団の共同学習が注目された。先述した「労働における日本化」論では、「作業集団と多価的労働者(polyvalent wo…

続きを読むread more