テーマ:天安門事件

習近平国家主席を「国賓」として招くことをめぐる議論について―ナチと中国共産党を比較考察して―

1.  中国共産党一党独裁体制の中華人民共和国の習近平国家主席を「国賓」として招くことが議論されている。  では、中華人民共和国とはどのような国か?  史実に基づいていえば、「大躍進」では餓死者が数千万、文化大革命では犠牲者は数千万、天安門事件では犠牲者は不明(学問の自由が保障された調査ができない)。「天安門」は代表的名称で武力鎮…

続きを読むread more

昭和~平成の変化を顧みて、平成~令和への変化を想う―グローバリゼーションにおいて―

1. 昭和天皇の崩御の後、 6月4日、中国では天安門事件(血の日曜日) 11月9日、東欧ではベルリンの壁の崩壊 そして一党独裁体制が次々に崩壊し、ソ連も崩壊。 アジア的停滞の東洋的専制たる中国共産党一党独裁は経済成長でカネの力で生き延びたが、むしろ一党独裁資本主義で荒唐無稽な体制を現出。 いずれにせよ、マルクス・レーニン主義…

続きを読むread more