テーマ:生涯学習

社会教育の経営・生涯学習の支援のために(ノート)4

④NPO(非営利組織)と「ポスト資本主義社会」  ドラッカーは経営管理論をNPO(非営利的組織)、企業の社会貢献、社会的責任へと展開し、1990年にManaging the nonprofit organizationを出版した(日本語版は『非営利組織の経営―原理と実践―』(上田惇生、田代正美訳、ダイヤモンド社、1991年)。…

続きを読むread more

社会教育の経営・生涯学習の支援のために(ノート)3

5.経営と管理  経営に関する学問や実践は米国を中心発展してきた。米国が資本主義の発展を牽引してきたことの現れと言える。そのため英語を参考にすると、経営の意味では広くmanagementが使われ、その中で行政ではadministrationも用いられる。近年ではgovernanceもあり、統治、運営、管理などの意味も含まれてい…

続きを読むread more

社会教育の経営・生涯学習の支援のために(ノート)2

3.生涯学習  生涯学習について、先述したとおり教育や発達と関連させて捉える。  そして、同時に胎児から老人まで生涯の各段階の人間が共存し、学習している状態を“共時”で表し、個々人が胎児期から死期まで学習することを“通時”で示し、これらに識字・基礎教育から高等教育・学術研究まで各段階を加えて、三次元の座標軸を提出する。  第三…

続きを読むread more

社会教育の経営・生涯学習の支援のために(ノート)1

社会教育の経営・生涯学習の支援のために(ノート) 個人の発達と地域の発展のために 1.はじめに―経営と戦略、支援と発達・開発―  社会教育の考えや実践は戦前からあり、それは生涯教育の通じるものであった。  1965年、ユネスコで「生涯教育」が提唱されると、これが明瞭になった。その後、高度経済成…

続きを読むread more