日本の青年・学生の心理歴史的研究―ノート その25

45.「永遠のうそをついてくれ」の唱和―1990年代から― (1)端緒―1970年代半ば、葛飾の高校生サークルで―  私が中島の音楽を意識し始めたのは1974年頃であった。葛飾にあった高校生サークルでは人間としての生き方や社会のあり方など語りあっていたが、その中に中島の大ファンがいて、バッハやベートーベンなどクラシックの大ファンと音…

続きを読むread more